就寝前にトイレに入る

就寝前にトイレに入るのが日課です。
先日、夜に入ったら蛾が私に向かってとんできたんです。
そりゃあもう、声だって出ちゃいますよ。
そしたら母がそれくらいで騒ぐなみたいなことを言いました。
トイレという狭い密室でいつこちらに向かってくるかわからないのにほおっておきますか?
死んでいるとか動く気配がないというわけじゃないんですよ。
虫嫌いの私じゃなくっても嫌ですよね?
そんなことを思って、先輩薬剤師三人に聞いたら、三人とも私と同じ意見だったので少しは溜飲が下がりました。
一緒に住んでいる人と意見が合わないのってかなりストレスになります。
両親ならしかたがないとあきらめるしかないですけど、パートナーだとそれ以外の選択肢があるので困りますね。

可愛すぎてつらい

同性ですけど橋本環奈ちゃんが可愛すぎてつらいです。(笑)
あの子は本当に本当に可愛いですよね!?
芸能人でも嫌味のない可愛さがある人は限られています。
ご本人と会ったことはないのでもちろんどんな性格の人かは知りませんよ。
でもちょっとしたしぐさとかに、うわってなる人はなかなかいないですよ。
なんであんなに可愛いんでしょうか。
芸能人になるべくしてなったという感じかな。
あまりにも可愛いとひがまれそうで、そういうところは心配です。
恋愛感情がある好きではないので、いずれ結婚したりしても永く芸能人でいて欲しいかな。
まあ、絶賛するわりにSNSまでチェックしていないので、変なファンかもしれませんね。
注目しているのに情報収集しないのですから。(笑)

首が痛いので困ります

お腹が痛かったり、頭が痛かったりすると何もする気にならないしやったとしても効率がとてもよくない状態になります。
私はそれに肩が痛いというのもプラスしたいです。
少し前にもあったのですが、目が覚めてから肩が痛いんです。
前と同じ場所のような気がします。
右の方で、肩というよりも耳の後ろから首と肩にかけてですね。
昨日は起きる時間の50分前に目が覚めたので、そこから二度寝をしました。
いつもはあおむけでしかねたいのに、そのときはなんとなくうつぶででねたんです。
でも起きたおきはなんともなかったですね。
そして今日ですが普通に寝ていたつもりでしたが昨日と似たようなことになっていたんですよ。
だからうつぶせで寝たのが続いたからかなと感じます。

木製の彫刻に悲劇

スペインの教会で木製の彫刻に悲劇が起こる!
清掃を頼まれただけの業者が彫刻に勝手に色をつけて修復してしまったのです。
はっきりとした色になっていましたね。
顔なんかはボケっとした顔になっていて、騎士とは違ったものに生まれ変わっていました。
キリストの絵を似てもにつかないものにした女性のことを思い出しました。
あっちはもう笑っちゃうレベルでまったくの別物になりましたよね。
それどころかその『芸術性』を利用してマグカップとかを作り出したりして、いろんなところに話題が派生しちゃってコントか!と。
スペインの彫刻の件もかなり大ごとになりそうで裁判沙汰になる可能性もあるようです。
清掃だけなのになんで色までつけちゃうのか・・・?

「見た目より中身といっても限度がある」

「見た目より中身といっても限度がある」
こんな一文がありました。
これには笑っちゃいましたね。
確かにそうだって言いたくなります。
私自身も自分の見た目に自信があるわけがありません。
人から選ばれたり賞賛されたりするに値する見た目じゃないですよ。
長く一緒にいるのなら、やっぱり外見よりも内面が大切であり重視することになります。
しかし!やっぱりコミュニケーションをとる前段階では、相手の見た目も考慮しちゃいますよね。
まずはじめの段階で、言葉は悪いですけど生理的に無理って人はいますよね。
差別だろうとなんだろうと直接会って話しすることに拒否反応が出てしまうことってあります。
それは本能のようなものっていうとかっこよすぎるけど、ひとそれぞれ限度があるということですよ!

自分勝手なストーカー

デビュー時にアイドルだった菊池桃子さんもお子さんがいて50歳くらい?ですが、やはり可愛らしいお姿です。
そんな彼女をストーキングして男が逮捕されました。
配車システムで呼んだタクシードライバーだったそうです。
マスクで顔を隠して行先しか話しをしなかったが声で気付かれて以来、ブログに結婚したいと投稿、自宅に何度も押しかける、事務所宛てに結婚を迫る連絡が届くことが続きました。
タクシー会社を退職してますます執拗になってきたってかなり怖いですね。
仕事上で知り得た情報だから、会社に勤めていれば会社に注意が出来る。
でも止めたとなるとストッパーが無いわけだから何をしてくるかわかりません。
お子さんもいるのに自宅まで来られるわけですからね。
釈放されたあとも大変でしょうね。

老化と共に症状が出やすくなる緑内障

老化と共に症状が出やすくなる緑内障
若いときになる人もたまにはいるそうです。
眼圧がたかくなっても網膜が壊死して徐々にみえずらくなる、砂嵐を片方ずづで見てみる。
左右違って見えたり、違和感がある人は緑内障の疑いがあります。
両目で見ていると見えなくても片方が補ってしまうので片目で見る
壊死すると再生できないが早期発見で進行を遅らせることができる
血管年齢が若いか若くないかは見た目と同じくらい重要なものですよ
血管の内膜は神経がないので硬くなっても本人は気が付かない
血管年齢を測る方法は前屈!
年齢別に比べた結果、体が柔らかい人よりも硬い人の方が血管年齢は老けているんだとか。
体が硬い人は体を動かしていないし血流が悪くなり老化の傾向にある。
私もドキっとしてしまいます。

野良猫のその後

実家のお隣さん夫婦が不在になり、飼われていた猫で逃げた白猫がいました。
お隣さんがエサをあげられない時は私の母があげていましたが、完全に不在になった今ではあげることはありません。
エサだけあげて飼う責任を負えない状況ではよくないと考えたからです。
野良猫に自分が好きなときにエサをあげてその時だけ可愛がるのは間違っていると思います。
そういう人がいるからこそ、野良猫でも生き残るのかもしれませんけど賛成は出来ません。
もう5年くらい野良猫になっている白猫。
先日の大雪の日以降は姿をみなかったので、もしかするととうとう・・・と思っていましたが、今日みかけました。
隣家の二階ベランダにあがるのは昔だけかと思ったらまだ足腰は丈夫なようでした。

薬剤師の私がお姉ちゃんを心配して思うこと

薬剤師の私には美人なお姉ちゃんがいます。
お姉ちゃんはキャバクラで働いているのだけど、なんだか大変そうでした。

最近そのキャバクラに来ていた男性とお姉ちゃんは付き合っているみたい。
男性に言われて、お姉ちゃんはキャバクラを今月いっぱいで辞めることにしたんだって。
キャバクラに通うような男は心配ですが、キャバクラを辞めるのは賛成な薬剤師の私…心境は複雑ですよ。

私とその男性は直接会ったことないんだけど、お姉ちゃんの話によると行動力があってとても頼もしい人みたいです。
薬剤師の私はそれでも心配なんですよ。
お姉ちゃんを泣かすようなことをしたら妹の私が許しません!

お姉ちゃんは昔から我慢強い子でした。
小学生の時、お母さんが長袖と半袖の体操着を入れ間違えたの。
真冬なのにお姉ちゃんはクラスで一人だけ半袖で体育をしたというエピソードがあります。
お母さんがそのことに気付いたのは体操着を洗濯した時だったとか。
お姉ちゃんは言わなかったの、体操着を間違えてるよって…

『お姉ちゃん』というものは我慢強い性格の子が多いんだって。
薬剤師の私は真ん中っ子だからよく分からないけれど、きっと今までもたくさんお姉ちゃんは我慢してきたのだと思う。
せめて彼氏の前では我慢しないで欲しいなぁ。

http://www.yakuzaishikuchikomi777.com/column/
薬剤師のコラムは↑をチェック。

[ひかりの魔女]

山本甲士さんの[ひかりの魔女]を読みました。
祖母と同居する事になった浪人生の光一。
中学生の妹は問題児、母はパート先がつぶれそう、父もリストラ候補に。
バラバラの家族の中に父の母がやってくるわけです。
母は出かける祖母についていくようにと光一に言います。
祖母を慕う人がわんさか出てきて、彼女が使う「優しい嘘」に光一は気が付きます。
魔女は祖母のことであり、こういうことかって。
でも最後にはタイトルの「ひかり」には二重の意味があったってやっとわかりました。
私の近くにも彼女のような人がいたら、今の悩みは解決しそうで羨ましいです。
優しい嘘って法則が分かれば誰にでも出来そうですけどやっぱり難しいかな。
私には出来そうにありません。