「美しい家」

新野剛志さんの「美しい家」を読みました。
登場人物のほぼ全員が救いのないかたちで終了していて読んでいるこっちもグッタリしちゃいます。
主人公だと思っていた人が途中で殺害されてしまうのも信じられません。
ついでにヒロイン的な位置にいた女性も、なんだか恐ろしく情緒が欠落した人で全く魅力的でもありません。
多方面から少しづつ話しが繋がっていく系の話しはスピード感がないと途中でだれてしまいます。
読書は好きなので長いとは思いませんでしたが、読むのに少し苦労しましたね。
新野さんはコメディたっちの話しの方が好きだなと改めて思いました。
そんでもってこの話しが言わんとしていることが私には理解できませんでした。
読後が悪かったのでちょっと勘弁してほしいです。