あなたの本

誉田さんの『あなたの本』というタイトルの単行本は表紙に目が奪われます。
開いた本から印字された文字がバラバラと下に落ちているんです。
思わず顔を近づけて本当に字なのか見てしまいました。
内容の方はちょこっと微妙な感想になります。
誉田さんと言えば刑事事件ものというイメージがありましたが、少し前もまた違ったジャンルでとても面白い本を発売していました。
だから今回も期待していたのですが、ちょっと私には合わなかったです。
SFと言っていいのかわかりませんが不思議系の話しの短編がいくつかありました。
私の読解力がおよばないせいか、落ちがわかりませんでした。
え?どういうこと?と思ったところがあってなんともモヤモヤする読後になってしまいました。