木製の彫刻に悲劇

スペインの教会で木製の彫刻に悲劇が起こる!
清掃を頼まれただけの業者が彫刻に勝手に色をつけて修復してしまったのです。
はっきりとした色になっていましたね。
顔なんかはボケっとした顔になっていて、騎士とは違ったものに生まれ変わっていました。
キリストの絵を似てもにつかないものにした女性のことを思い出しました。
あっちはもう笑っちゃうレベルでまったくの別物になりましたよね。
それどころかその『芸術性』を利用してマグカップとかを作り出したりして、いろんなところに話題が派生しちゃってコントか!と。
スペインの彫刻の件もかなり大ごとになりそうで裁判沙汰になる可能性もあるようです。
清掃だけなのになんで色までつけちゃうのか・・・?