御子柴礼二シリーズ

御子柴礼二シリーズの2を読みました。
少年の頃に少女を殺害して切り刻んだ事件を起こした過去を持つ弁護士の御子柴。
冒頭は切り刻むシーンの回想です。
前回は弁護士になったあとに死体遺棄のみしていた、悪魔の弁護士。
でも、シリーズ化したことからももしかすると殺しはしていないのではないかと思います。
手をかけたとはあるけど死体を損壊させただけかなと。
だけってことはないけれども。
いずれにしてもシリーズは続いているのでその謎も注目です。
自分から弁護を引き受けた今回のオチは途中で誰もが分かる感じでしたね。
しかし、まさか少女の姉だったとはビックリ展開でした。
贖罪なんて出来ない、自分を顧みない御子柴ですが憎めないキャラでもあります。

コメントは受け付けていません。